地雷嬢にならないで!!!

地雷嬢にならないための心得

(『地雷』とは)
風俗における『ハズレ中のハズレのキャスト』を指す。

今でこそ、現役だった頃のことを思い出し、色々アドバイスさせてもらっていますが、実は私、『地雷嬢』と叩かれた過去があります・・・。
地雷扱いされていたのに気づいたのは、A店で働き始めて、2ヶ月ほど経った時です。
何気なくデリヘル店のクチコミサイトを見ていたときに、自分の店の名前があったのです。
しかもタイトルには私の名前(源氏名)が書かれ「A店の最悪の地雷・○○に気をつけろ!」と・・・。(伏字で書いてありましたが、私であることは間違いありませんでした)
内容は、容姿だけではなく、サービス内容や接客態度のことまでボロボロに書かれていました。
書き込みは一つだけではなく、複数の辛辣な意見・感想が・・・。
流石に落ち込みました。
そして、その辛口意見には身に覚えがあったのです。
ここでは、私がナンバーワンになるまでは『地雷』だった過去をふくめ、アドバイスさせていただきます。
頑張っているはずなのに、結果が出ないあなた。
スタイルや容姿には自信があるはずなのに指名が取れないあなた。
サービス内容は充実しているのに、お客様のオキニになれないあなた。
ハッキリ言います。

『もったいないです!!』

angel

せっかく意を決して風俗の世界に飛び込んだのに、人気が出なければ、喜びもやりがいもあったものじゃありません。
そして、この仕事は人気商売です。
指名が取れなくてはお茶をひくこともあります。(お茶をひくとは、その日仕事がゼロの状態・または、それに近い状態のことです)
フリーのお客様についたとしても、キャンセルやチェンジをされる、あるいは、もう二度と呼んでもらえない上に、ネットで名前を晒されて『地雷嬢』の烙印を押されてしまっては、お客様は、電話受付の際に「ネットで評判悪いから○○ちゃん以外の子でお願いします」なんて言われることも。
そして、何より・・・女として生まれて女しかできない仕事を選んで、そんなこと言われるのショックじゃありませんか?
人気のあるデリ嬢になるために、まずは、地雷にならないための基本的なことをお伝えしていきます。
もしも、思い当たるところがあり、少しだけ意識を変えていただけたら、日本には素晴らしいデリ嬢が増えることでしょう。

今、デリヘルに入店を考えている女性がいましたら、こちらを読んで参考にしてください。
決して難しいことではありません。また、旭川 風俗求人の指名を増やそう特集も参考になりますよ。
『女性として当たり前の身だしなみ』
プラスアルファとして。
『身体を見せる仕事のマナー』
そのようなことばかりです。

 

※番外編:デリヘル嬢の1日をご紹介

デリヘル嬢の一日の流れ

お店によって異なるので、若干の違いがあるかもしれませんが、私が現役だった頃の一日の流れを紹介します。

『出勤』
自宅までドライバーさんに迎えに来てもらい、事務所まで送ってもらう。

『事務所待機』
事務所で待機している嬢やスタッフに「おはようございます」と挨拶をして、嬢とお菓子などを食べながら雑談(笑)お客様からのコール(お仕事)を待ちます。

『お仕事が入り、プレイ内容の確認』
電話を受けたスタッフから、お客様の希望のプレイを確認します。(持っていくものを確認するため)また、服装指定(パンスト)などがあれば、慌てて着替えます。

『お客様の指定場所へ』
お仕事が入ったら、ドライバーさんにお客様の待つホテルまで送ってもらいます。(自宅出張のときもあります)お客様をお待たせする時間短縮のため車の中で化粧直しなどをします。

『お客様へご挨拶とプレイ時間のお伺い』
「はじめまして!」もしくは、「ご指名ありがとうございます!」と、自分の名前を言って挨拶します。お客様にプレイ時間を聞き、お店に「○○分です」と連絡します。お店側から「○○円受け取ってください」と基本料金プラス、有料オプションや指名料の合計金額を聞きます。

『料金受け取り』
お客様には先払いで料金をいただきます。

『サービス開始』
自分が提供できる基本的なサービス、そして、事前に聞いていたお客様が望んでいた有料オプションのサービスなどを開始します。

『プレイ終了後』
時間になったら、お客様にお礼を言って部屋を出ます。

『事務所へ戻る』
時間を伝えてあるので、ホテルを出たらドライバーさんが待っていてくれるので、車に乗り、次の仕事のため、事務所へ。

『待機』
待機している嬢に「お疲れ様です」と挨拶を交わしながら、また雑談。本を読んだり、ネットをしたりしながら、仕事を待ちます。

『お仕事』
先ほどの工程を自分の時間の許す限り、また体調の許す限り続けます。

『退勤』
その日の分のお給料を貰い、事務所にいる嬢やスタッフさんに「お先に失礼します」と挨拶をし、ドライバーさんに自宅まで送ってもらい終了です。

堅苦しく書いてしまいましたが、実際はもっとフランクです(笑)

あとは、私の場合は取材OKだったので、風俗情報サイトの写真撮影などのお仕事がある日もありました。風俗タイムスではトップグラビアを飾ったこともあるんですよ。
他の在籍している嬢との挨拶なども「おはよ~♪あ、その服可愛いね!」とか「お疲れ~♪今日は5本(5人)も行ったから流石に疲れた~」など、友人感覚でした!
ドライバーさんも、面白い人がいたり、話題につきません。

Comments are disabled